初心者アフィリエイターにキーワード選定はいらない!読者は少し前の自分

ゆいたんです。


「アフィリエイトにはキーワード選びが大切」とよく言われますよね。

なので私も、この1年間、様々な本やブログでキーワードの選び方について勉強してきました。


でも、正直全然わからない!!!


キーワード選定に使うツールには難しいカタカナ用語が多く、私には難しすぎです。

なによりも、ツールを使ったキーワード選定は全く楽しくなくて、「やってみたい!」と思えません。


ツールを使ったキーワード選びもいつかはきちんと勉強した方がいいのだとは思います。

でも、とりあえず5千円〜1万円程度を稼ぎたい(特に女性の)超初心者には必要ないんじゃないかな、と感じています。

超初心者アフィリエイターがすべきことは、とにかく早く収益を得る体験をすること

収益がほぼない超初心者アフィリエイターがすべきことは、とにかく記事を書いて、少しでも収益を得る体験をすることです。

その収益がたとえ5円、10円だったとしても、「自分の書いた記事で稼げた!」というのはとても嬉しい体験で、記事を書き続けるモチベーションになります。


アフィリエイトで稼ぐためには、とにかく続けることが大切です。(多分・・・。5千円しか稼いだことないから分かりませんが。笑)


収益がほぼない超初心者が、キーワード選定からしっかりやろうとすると挫折します。

実際、私もアフィリエイトを始めたばかりの頃は「このキーワードは需要がない・・・」「このキーワードで上位表示するのは難しい・・・」とキーワード選定に捉われて全く記事が書けませんでした。


でも、検索ボリュームを気にせず記事を書いてみると、なぜか予想以上にヒットして、サイトの稼ぎ頭になってくれることがありました。

記事は少し前の自分に向けて書く

記事を書く時には、読者像をしっかり設定することが大事だとよく言われます。

私は、読者像を「少し前の自分」にしています。


「少し前の自分は、こんなことが知りたくて、こんなキーワードで検索してたな」と思い出すのです。


そうすると、記事を書くハードルが下がって、サイトに記事が貯まります。

ある程度記事が貯まれば、どんなキーワードだと上位表示できるのか、PVが増えるのかということが感覚的に分かってきます。

ツールを使ったキーワード選定については、それから学んだ方が理解しやすいように感じます。

まとめ

収益がほぼない超初心者アフィリエイターは、できるだけたくさん記事を書いて、実際に収益を得る体験をすることが大切です。

そのためには、キーワード選定にあれこれ悩むより、読者像を過去の自分にすることで、記事を書くハードルを下げましょう。

記事を書きつづければ、少なくても必ず収益は発生します。


良かったら、試してみてくださいね(^^)

   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする