在宅育児中の主婦はアフィリエイト作業なんてできるのか

ゆいたんです。

ゆいたんはこの春から平日昼間の在宅育児からついに解放されました\(^o^)/

基本的にゆいたんは子どもは自分で見たいタイプなので、「家で子育てしながらお金も稼げるなんて!!」とアフィリエイトを始めました。

でも、在宅育児中だったこの2年間、ほぼアフィリエイト作業はできませんでした。

結果ももちろん出ていません。

で、ついに在宅育児から解放された今、心から思うことがあります。

在宅育児しながらアフィリエイト作業するなんて、マジ無理( ;∀;)

在宅育児しながらアフィリエイト作業するなんて無理

本格的な記事を書くのって結構アタマを使いませんか?

だから、ゆいたんは、子どもに話しかけられながら作業するなんてとてもじゃないけど無理でした。

そして、さっきまで母に見向きもしてなかったのに、パソコンやスマホを開くと子どもが膝に乗ってくる不思議。

ちょっとした作業でさえも一苦労です。

で、平日昼間に子どもと過ごさなくなってビックリしたことなんですが、夜全く眠くならないんですよ!

ゆいたんはいつも子どもと一緒に20時前に布団に入って、朝まで爆睡するのが当たり前だったんですが、今では22時過ぎても眠くならないんです!

毎日の公園通いにしろ、全然進まない家事にしろ、延々と話しかけれることにしろ、在宅育児中は本当に疲れていたんだなぁと思います。

アフィリエイト作業したかったのに寝落ちして落ち込むなんてことよくありました。

あの時のゆいたんに「大丈夫だよ。ゆいたんは子育てがんばってるからね」って言ってあげたいです( ノД`)

そう、この記事を読んでいる在宅育児中のあなたにも・・・( ;∀;)

育児って本当に片手間でできることじゃないんだなぁと実感を持って感じました。

子どものいない主婦の平日昼間の過ごし方とは

在宅育児から解放された主婦の現在の平日昼間の過ごし方ですが、延々とパソコンに向かっています。

お昼には卵かけご飯をささっと掻き込んで、5時間超アフィリエイト作業をしています。

5時間超も集中できる時間が持てるんですよ!!!

感動です( ;∀;)

え、家事はいつやってるのかって?

それはもちろん子どもがいる朝と夕方です( ̄∇ ̄)v ドヤッ!

新生活で子どもも疲れているので、家では特に働きかけは必要ないかなぁと思って(*゚∇゚*)ゞ

家事は頭使う必要ないので、ある程度成長した子どもなら、在宅育児中でも楽勝です(^^)

在宅育児中の主婦がアフィリエイト作業をする方法

かといって、結論が「在宅育児中の主婦がアフィリエイト作業をするなんて絶対無理!」では、今アフィリエイトに励んでいる在宅育児中のみなさんが困ってしまいますよね。

ゆいたんも、もう一人子どもが欲しいので、それは困ります。

ということで、在宅育児中の主婦がアフィリエイト作業をする方法を考えてみました。

睡眠時間を削る

ゆいたんはロングスリーパーなのでこれは無理でした。

でも、毎晩10時間寝なきゃ日中使い物にならない大人は滅多にいないと思いますので、これがいちばん現実的な方法なのではないでしょうか。

小さい子って隣に母親がいないと夜中でも何度も起きるけどね。

公園に毎日行かない

公園で奪われる体力をアフィリエイト作業に充てる作戦です。

子どもによっては余計ひどいことになりそうな気もしますが。

子どもが起きてる時は極力だらだらして、昼寝を始めたら作業開始!

インドア派の子どもならいちばん楽そうな作戦ですが、子どもの健全な発達など失うものが大きすぎるような気もします。

保育園のお世話になる

ゆいたんは、もしまた赤ちゃんを生むことになったら、この作戦で行こうと思っています。

毎日保育園に預けるのは嫌だし、かといって一時保育も嫌なので、週2~3日安心できる認可外の保育園に短時間預けようと思っています。

作業量は圧倒的に減りますが、数年間は諦める!!!

アフィリエイトで成功して、安心して子どもを育てられるお金が貯まらない限りは次の子は産みません。

まとめ

今日は、「在宅育児をしながらアフィリエイトはできるのか?」「できるのであれば、どうやって?」ということを考えてみました。

全く良い案が浮かばなくて、申し訳ないです。

でも、やっぱりそれだけ子育てって重労働なんだよな~と思います。

毎日毎日子育てをしながら、その上でお金も稼ごうと考える母親って本当にすごいなぁと思います。

経済的に切羽詰まっていないのであれば、数年間は子育てに専念してもいいのかなとも思います。

毎日一緒に公園で遊んで、毎日一緒にお昼ご飯食べて、ずっとベッタリで過ごせるのなんてたったの数年だけですもん。

在宅育児をしながら結果を出している主婦アフィリエイターの方々は本当にすごいなぁ。

   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする